知ってた?DUOってこんなにすごい!おすすめの活用方法

英単語帳として長年のベストセラーとして知られる「DUO」今回はそのDUOをより上手に活用してあなたの英語力をアップさせる、おすすめのDUO活用法をご紹介します!


ボキャブラリーを増やす!

DUOには1572個の重要単語と997個の熟語が収録されています。これらが丸暗記になってしまわないようにキャラクターやストーリーなどで工夫され解説や付加情報によって、より深い理解が進められるようになっています。ですからまず1周目は日本語の訳を読んで英文の意味を理解し、新しい英単語・熟語を確認します。その上でCDと一緒に英文を読み上げてみましょう。もし、CDのスピードでうまく読めなくても、途中で止めずに続けることが継続のコツです。この作業を1週行うことで、単語・熟語ののボキャブラリーを増やし英語力アップにつなげます。


①まず、英文の訳を読んで、どんな意味の英文なのか事前に把握します。
②新しい英単語・英熟語と意味を確認して、どんな英単語・熟語が出てくるのか把握します。(読むところは基本は青い文字のみ)
③上記①②をやって、英文の訳、単語・熟語の英語と意味を把握した上で、英文を読みます。
④ ①~③を1つの文ずつ、順番にやって、最後までやります。


引用:http://ameblo.jp/gakunenn-biri/entry-11936495132.html

『DUO 3.0』の優れた点は主にこの3つ。
1、560個の例文の中に重要単語1572個、熟語997個がまとまっている。
2、丸暗記になってしまわないようにストーリーやキャラクターなどが工夫され使われている。
3、解説や付加情報が豊富で掘り下げようと思えば深く理解でき、何周やっても発見がある。


引用:http://eikaiwa.dmm.com/blog/eigo_question/cellen0_eigo_question6/


ディクテーション

1週目で単語や熟語の理解を深める事できれば、次に聞く力をつけます。よく言われる事ですが、読める単語が聞き取れる単語とは限りません。ですから、DUOのCDを使ってテキストを見ずにリスニングを行い、聞き取れなかった部分を確認します。すると、意外と簡単な単語も聞き分けることができない事に気がつくのです。この作業を繰り返すことで、自分の苦手な発音を理解し、その部分を繰り返し練習することでリスニング力のアップを図りましょう!


よく言われることですが、「読める語彙」が「聞き取れる語彙」とは限らないですよね。ですので、DUOに収録されている語彙がきちんと聞き取れるのかどうかをチェックするために、DUOの音声を使って、まずは「ディクテーション」することをお薦めします。ディクテーションの詳細なやり方については、「リスニング苦手な人はディクテーションで道は開ける|効果、やり方」をご覧下さい。個人的には、ディクテーションは、トレーニングというより、自分が聞き取れない音を把握するための仕分け作業と考えています。ですので、「聞き取れるまで何度も聞く」ということはしてません。多くても5回聞いてみて、聞き取れなかったら、すぐに答えを見てOKです。その代わり、聞き取れなかったところはきちんとチェックします。


引用:http://enjoylifeinenglish.blog112.fc2.com/blog-entry-373.html


オーバーラッピング・シャドウイング

オーバーラッピングはテキストを見ながらCDと同じように発音するトレーニング。シャドウイングはテキストを見ずにCDから聞いた英語を発音するトレーニングです。シャドウイングはかなり難しいので、まずはオーバーラッピングをやってみましょう。オーバラッピングを行う目的は、発音、音の連結・消失、アクセント、イントネーションを覚え、自分でも再現できるようにすることです。CDのスピードに合わせて発音出来るようになれば、ネイティブのスピードにも徐々に対応できる様になります。スラスラと出てくるようになれば、シャドウイングに移行しDUOの例文を完全にマスターしてみましょう!


シャドウイングは、スクリプトを見ずに、聞こえてきた音声だけを頼りに、自分で発話しないといけないので、オーバーラッピングよりもずっと難易度が高いです
オーバーラッピング・シャドウイングの目的は、CD・MP3音声を真似て発話することで、発音、音の連結・消失、アクセント、イントネーションを覚え、自分でも再現できるようにすることです。


引用:http://enjoylifeinenglish.blog112.fc2.com/blog-entry-373.html


地域・スクール名で探す